自分で稼いで自由に生きよう!!

「トラベルシステム」まじでおススメ!!カーシェア族ならこれ一択!

2018/12/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大学時代に一度も就職せず自由に生きると決意。自由人として月収100万まで到達するも大病を患い一気に底辺無職になる。 再起をかけて今度は自宅で月収100万を目指すべく奮闘中。 最近新米パパになった愛妻家です。

こんにちは、ブロガーのぼっけんです。
早いものであっという間に生後1ヶ月です。
子育ては大変とは聞いてましたが早くも超納得です。
完全に赤ちゃん中心の生活になりました。

産まれてから初めて知ったのは産まれてすぐの新生児であろうが車に乗る時にはチャイルドシートが必要だということ!

正確には新生児だとチャイルドシートは大きすぎるのでベビーシートになるんですけど、退院する時に車で帰るならこれが早速必要になるんです。

僕の場合は普段はカーシェアを使っているので退院する時はレンタルで考えてたんですが結構値段差があったので調べてみたらレンタカー借りた時に同時申し込みだと安く借りる事ができるけど普通に借りると思ってた以上に高い事が分かりました。

結局退院する時はタクシーを利用する事にして、それからじっくり調べてみると中古市場でもそれなりの値段がついていたので使い終わったら売ればいいなと考えて最終的には購入する事にしました。

そこで選択肢としては、

パターン1

1年程しか使えないベビーシートを買ってその後チャイルドシートを買う

パターン2

新生児から3歳ぐらいまで使える共用タイプを買う。

という2つの選択肢があります。

しかし素人考えでも新生児が3歳児と同じシートを使うというのは危険だと感じます。

そこで大切な赤ちゃんなので安全性を第一に考えてパターン1のベビーシートを買う事に決定。

ベビーシートと一口に言ってもこれもまたいくつか種類があります。
何事もピンキリだといえばそれまでなんですが・・・
せっかく調べたので要点をまとめてみました。

■ベッドタイプを選ぶべし

首の座っていない赤ちゃんは、きちんと寝かせた状態でないと気道が圧迫されて、うまく腹式呼吸ができなくなってしまうそうです。

ベビーシートはベッドタイプ!まずは一つ目の要点です。

■安全基準

ベビーシートの安全基準は、国際基準で厳格に定められています。

基準に適したシートには認定マークが付いているので、購入前に確認!

これが二つ目の要点です。

■設置方法

ベビーシートの固定方法は大まかに二通りあります。まずは車のシートベルトを使用して固定する方法なんですが、説明書を読んでも複雑で難しく、正しい設置を諦めてしまう人もいるらしいです。実際にやってみましたが本当に悪戦苦闘しました。
もう一つの方法はアイソフィックス(ISOFIX)という専用金具にコネクターを差し込んで固定するもの。これには、ISO-FIXを活用したオリジナルのベースを使って固定するタイプもあります。こちらは専用なのでカチリとはめるだけで超簡単です。力のないママさんでも楽勝です。


ただし、ISO-FIXは、車自体もISO-FIXに適合していないと装着することができません。2012年7月以降に発売されている車にはISO-FIXが装備されていることが多いので、まずは設置する予定の車を確認するべしです。
結果これから購入するなら、ISO-FIX対応のベビーシートを選んでおくと簡単だし安心です。

要点その三、ISO-FIX対応を選ぶべし

ベビーシートは正しい方法で設置しないとその機能を完全に発揮することができないので、正しく設置する自信が無い人は設置のしやすいISO-FIX対応を選ぶ方が無難です。

ということでISO-FIX対応のベビーシートを購入する事にしました。
そこで気になるワードが登場します。

トラベルシステム」!

確か、ベビーザらスでも店員さんがおススメしてた!!

この「トラベルシステム」というのはベビーシートを車から降ろしたら、
そのままベビーカーに乗せ換えて移動。
家に帰り着いたらキャリーとして使って赤ちゃんを室内に運べる。
そして家の中ではゆりかごとして使うというもの。

なんぞそれ!めっちゃ便利やん!」

一気に欲しくなりますよね。
ですが便利さと値段はトレードオフ。それなりのお値段がします。

一番有名なマキシコシの推奨のものだとベビーカーだけで10万オーバー!!(つд⊂)ゴシゴシ
ちょっと腰が引けました。

がしかし探せばあるものです。
お手ごろな値段で納得の品質なものが!!
それがこちら!!

トラベルシステム 3ホイール ベビーカー Litetrax Air ライトトラックスエア [選べる2色]+ チャイルドシート Juva ジュバ + i-Anchorベース ISOFIX

 

 

 こちらは実際に同じものを購入して今、現在進行形でぼっけんも使っています。

三輪なので段差にも強くほとんどの段差は難なく超えられますし、
ベビーシートを取り付けることで、新生児からも使用することができるので我が家でも生後一か月から使っています。
また大型のエアタイヤにより
振動も軽減させて乗り心地抜群のようで乗せるとすぐにおやすみモードに突入するのでそこも地味にナイスなポイントです。
それにベビーシートを取り付けると赤ちゃんと対面式になるのでお互い安心できますよ。
レインカバーも付属してますが日よけのカバーがきっちり全部覆ってくれるのでしっかり暗くしてやれますし、暑くなればチャックを開ければメッシュ部分が出てくるので風通しを良くすることも可能です。折り畳みも片手でできるので力のないママさんでもできます。ISOFIXのベースを使うので車への赤ちゃんの乗り降りもとても簡単です。
我が家ではタイムズカーを使っているのでまずはケンイチがベースをマンションのエントランスまで運んでおいてそのまま車を取りに行きます。それから車を家の前までつけて運んでおいたベースを後部座席に装着。そこで赤ちゃんをベビーカーに乗せた妻と合流。力のない妻でもISOFIXのベースなので置くだけでカチリと固定されて楽々です。
そのままトランクにベビーカーを乗せて出発進行です。
これは買って本当に良かったと思うのでもし悩んでいるのなら絶対おすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -
大学時代に一度も就職せず自由に生きると決意。自由人として月収100万まで到達するも大病を患い一気に底辺無職になる。 再起をかけて今度は自宅で月収100万を目指すべく奮闘中。 最近新米パパになった愛妻家です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まだ我慢する? , 2018 All Rights Reserved.